失敗・妥協しない輸入住宅を建てるための情報を徹底解説

ブルースホームの坪単価は65.4万円!建設実例・口コミ・評判を隠さずご紹介

ハウスメーカー

家を建てる際、最も気になるのは「坪単価」というキーワードではないでしょうか。

住宅のプロ

ブルースホームは、輸入住宅を建てたい方が坪単価を気にすることが多い会社です。

この記事では、ブルースホームの坪単価の実態に迫りますが、それだけではありません。ブルースホームが提供する家の価値、その特長等についても詳しくご紹介します。

ブルースホームを検討するその前に

「家を建てる」ーそれは人生の一大プロジェクト。

住宅のプロ

その成功の鍵は「ハウスメーカー選び」にあります。

家族が笑顔と共に生活し、自信と共に来客を向かい入れるようになるかどうかはすべて、選んだハウスメーカーによって決まります。

ですが、選択肢が多すぎて、失敗してしまう選択肢を選んでしまうことも。。。

  • A社でなくB社ならもっと月々の生活に余裕ができた
  • オシャレにしすぎて間取りが生活しにくい

こんな思いしたくありませんよね。

そんな時は、あなたの家づくり計画をプロの目で確認してもらうことが大切です。

住宅のプロ

ここでオススメなのが、注文住宅の無料相談サービスです。

たった1回の相談で、不安なポイントを解決し、あなたに本当に合ったハウスメーカーを選んでくれるサービスもあります。

住宅のプロ

たった1回の相談で、資金計画~ハウスメーカー選びに関わる疑問をスッキリ解決してくれます!

プロの目線でのアドバイスを基に、失敗せず理想の住宅を手に入れるために、是非活用しましょう!

\家づくりの第一歩を踏み出す/
無料特典アリ!

ブルースホームとは?

ブルースホームは、日本最大級の建築資材小売業者JKホールディングスのフランチャイズ事業の2種類内の1つです。

 

 

ブルースホームは、首都圏に限らず輸入住宅の建設を行っています。ブリリアントホームは、東京都、神奈川県、千葉県の3つの首都圏で輸入住宅の建設を行っています。

ブルースホームの坪単価は65.4万円

住宅のプロ

ブルースホームの建設実例から算出される坪単価は、「65.4万円」。

この数値は、2件のブルースホームの建設事例から平均建設費用(2,450万円)と平均坪数(37.5坪)から算出される数値です。

ブルースホームで家を建てる際の総費用シミュレーション

ブルースホームの坪単価から算出できる全体費用と、建設費用(総費用の70%)です。

坪数 建設費用 全体費用
25坪 1,800万円 2,600万円
30坪 2,200万円 3,100万円
35坪 2,600万円 3,600万円
40坪 2,900万円 4,200万円
50坪 3,600万円 5,200万円

ブルースホームで30坪の住宅を建てるための世帯年収

  • 建設費用のみ:世帯年収568万円
  • 建設費用+土地費用:世帯年収932万円 ※土地代2,000万円と仮定

注文住宅の予算は、土地代、建築費、諸経費(仲介手数料や登記費用など)を合計した金額となります。

住宅のプロ

総額は、年収の約5〜6倍。月々の住宅ローンの返済額は、収入の3割程度が理想的とされています。

ただし、この数値はあくまで目安であり、個々の生活状況やライフプラン、将来の見通し等によって調整が必要です。予算を決める際には、自己資金だけでなく、将来的な家計の動向や、予期せぬ出費に備えた非常手段も考慮に入れると安心です。

大手ハウスメーカーと坪単価を比較

以下に実際の建設事例から算出した大手ハウスメーカーの坪単価一覧をご紹介します。

住宅のプロ

大手ハウスメーカーの坪単価の平均は、「83.5万円」です。

ブルースホームは、大手ハウスメーカーと比較すると、コストを抑えて住まいを建設できると言えます。

\理想の間取りとハウスメーカーを知る/
無料特典アリ!

輸入住宅メーカーの坪単価と比較

以下に、実際の建設事例から算出した輸入住宅の建設を得意としているハウスメーカーの坪単価をご紹介します。

住宅のプロ

輸入住宅メーカーの坪単価の平均は、「72.7万円」です。

ブルースホームは、輸入住宅メーカーと比較すると平均的で一般的な輸入住宅のを建てたい方にオススメのハウスメーカーであると言えます。

\理想の間取りとハウスメーカーを知る/
無料特典アリ!

ブルースホームの建設実例3選

私がいいな!と思った順にご紹介します。

南欧風|塔のようなデザインが特徴的な輸入住宅

項目 概要
ハウスメーカー ブルースホーム
建設費用 不明
延べ床面積 不明
所在地 不明

赤系の明るい屋根と、白とオレンジが混ざり合った外壁が見事にマッチした、とてもおしゃれな外観です。

室内は、塔の箇所に当たる窓から太陽光をしっかり取り込む明るい空間になっています。

リビングは吹き抜けで、解放感がある中でリラックスができます。

キッチンは、タイルやライトグリーンがクラシックな可愛さが漂わせています。

フランス風|オシャレでシンプルな平屋

項目 概要
ハウスメーカー ブルースホーム
建設費用 不明
延べ床面積 不明
所在地 福岡県

シンプルなフランス風の平屋です。地面から少し高めの基礎の上に建設しており、足腰が弱い方でも登れるスロープも設置しています。

内装には、畳を採用し、畳の部屋はお部屋全体が広く見えるよう段差を付けています。外観は外観、内装は内装でそれぞれ好きなものを採用した個性が詰まった住宅です。

※参照:ブルースホーム建設事例

アメリカ風|テーマパークにありそうなかわいい輸入住宅

項目 概要
ハウスメーカー ブルースホーム
建設費用 不明
延べ床面積 不明
所在地 不明

白壁に明るいブルーの屋根、玄関ポーチやアイアンの外壁も合わさり、全体でテーマパークのような雰囲気の住宅になっています。

玄関ポーチは、主張しすぎない、可愛いけどやりすぎない装飾を柵と柱に施しています。

この玄関は、太陽光を取り込めるようになっており、シューズクローゼットも完備。機能性とデザイン性を領地つしています。

リビングは水色の壁紙で、メルヘンな空間になっています。階段の手すりがとてもクラシックで、ただ2階に上がるだけでなくインテリアのような機能も果たしています。

キッチンから見たリビングは、太陽光がしっかりと入っておりとても明るいです。空間の仕切りもアーチ形なのがとてもかわいいです。

各部屋ごとに壁紙をがらりと変えることで、それぞれテーマを持った個性的な空間に仕上げています。

また、中庭にせり出したテラス等、自然を近くに感じられるような設備も搭載しています。

ブルースホームの悪い評判・口コミ

住宅のプロ

デザインや設計は気に入っているが、営業やアフターフォローが良くないとの口コミが目立ちました。

フランチャイズ展開のハウスメーカーなので、地域ごとの工務店にお客様の対応が異なります。これが原因でトラブルが起きるようです。

ブルースホームの悪い口コミ「デザインはいいが、壁が薄くハリボテのよう。。。」

購入者A

最初はかわいくて気に入っていましたが住んでみると 本当に家を飾り立てているだけのハリボテのような家です。 5年もすると一年点検にも来ません 10年保証なのに 。 見栄えばかり気にした住みづらいいえです。

ブルースホームの悪い口コミ「設計はいいが、営業マンがあまりよくなかった」

購入者B

実際に土地購入のための買い付けを不動産屋へ出して、それと同時に設計をお願いしていたのですが、営業のテキトーさに腹が立ちました。最後は平謝り、本当にひどい目にあいました。ただ、設計士さんはどこのメーカーよりいいものを書いて来てくれました。

ブルースホームの悪い口コミ「”ブルースホームだから建てる”という判断はやめた方が良い」

購入者C

うちの近所の東急ホームズが、突然ブルースホームになりました。内容は一切変わらず、看板の掛け替えだけ。

ブルースホームの良い評判・口コミ

住宅のプロ

家づくりを通じて、良いこと尽くしだった!というコメントが目立ちました。

工務店によっては、営業~アフターフォローまで満足が行く結果になるようです。

\理想の間取りとハウスメーカーを知る/
無料特典アリ!

ブルースホームの良い口コミ「担当してくれた工務店の対応が最高」

購入者A

建ててから2年経ちます。うちの地域の工務店さんはとても親切です。外壁・屋根・玄関ドアから見た目で全て好きな物を選び、内装も凄く種類があるので全て自分好みの輸入住宅になりました。値段も抑える事が出来たので大変満足しています。冬は寒くなく暖房一台でとても快適で、夏は暑くなりすぎないです。工務店さんが親切で住宅の点検で少し気になる事があれば直ぐに直しに来てくれます。

ブルースホームの良い口コミ「デザインも機能性も最高!」

購入者B

建築に使用された材料はすべて輸入品らしく、かなり理想的な外観になりました。住み心地については、思ったより外からの音が気にならず、気密性が非常に高いです。少し気温が高めの日でも、空調なしで過ごせます。

ブルースホームの良い口コミ「担当店の対応~アフターフォローまで充実していた」

購入者C

雪の降る地域なので、屋根から雪が落ちやすいように屋根の材質を考慮してくれたり、断熱はもちろん、暖房器具もいろいろと提案してくれました。ガスストーブと寒冷地用エアコンを併用していますが、弱めの温度設定でもとても快適です。夏はエアコン一台の稼働で十分涼しくなります。アフターサービスも半年点検、1年点検、2年点検…と充実しています。

\理想の間取りとハウスメーカーを知る/
無料特典アリ!

ブルースホームで建てるメリット

choose1

大きく3つのメリットがあります。

伝統的な海外デザインの住宅で毎日トキメキのある生活を送れる

輸入住宅に住めるメリットは、日本において非日常の空間に身を置けること。帰宅するたびに、特別感に浸り、やる気をチャージすることができます。

地域密着工務店のアフターフォローで安心できる

フランチャイズは、「技術力はあるがマーケティング力の無い」地域密着の工務店が加盟していることがほとんどです。確かな経験と技術力がある工務店のアフターフォローを受けることで、快適が長持ちする住宅に住まうことが可能です。

耐震性の高い住宅を建てられる

輸入住宅の工法(2×4工法)で住宅を建てるので、日本で一般的な施工方法(木造軸組構造)と比較して、耐震性が高い住宅になります。

項目 イメージ 特徴
モノコック構造(2×4工法) ・地震に強い
木造軸組構造(一般的) ・設計の自由度が高い
・リホームしやすい

2×4工法は、床、壁、屋根パネルの「面」で荷物を支え、地震の揺れに抵抗する構造となっています。

ブルースホームで建てるデメリット

  • 施行を担当する工務店ごとに、営業~施工までクオリティが異なること
  • 担当地域の工務店が、あなたに合っているかあっていないか判断をするのに時間がかかる

口コミから、担当してもらう工務店ごとにクオリティは異なることがあると考えられます。つまり、施工を考えている工務店があなたに合っているのか、合っていないのかを判断する必要があり、これを判断するために時間が必要です。

ブルースホームの商品ラインナップ

大きく国別のデザインで商品ラインナップを準備している担当工務店が多いです。

  • アメリカ風住宅
  • イギリス風住宅
  • フランス風住宅

等、工務店によって建てられる商品ラインナップは異なります。「あの国の住宅デザインで家を建てたい」というイメージがある方には選びやすく、「なんとなく海外風が良い」と考えている方には選びにくい可能性があります。

ブルースホームの特徴

住宅のプロ

古き良き時代の海外の家のデザインを再現できるハウスメーカーです。

近代的な住宅ではなく、伝統的な海外風のデザインの住宅を建設したい方にオススメです。

\理想の間取りとハウスメーカーを知る/
無料特典アリ!

ブルースホームの会社詳細

ブルースホームは、伝統的なクラシックデザインの輸入住宅メーカーです。

項目 内容
会社名 JKホールディングス
住所 〒136-0082 東京都江東区新木場1-7-22 新木場タワー6F
ブルースホームの施工エリア 愛知県・長野県・福岡県・佐賀県・山口県
創業年 2015年
事業内容 ・注文住宅
・分譲住宅の設計・施工・販売
・ブルースホームFC本部の運営および経営コンサルティング
受賞歴 ・詳細情報なし

住宅展示場

2か所に展示場があります。※2023年12月時点

都道府県 市町村
長野県 ・長野市川中島上氷鉋1302-2
福岡県 ・北九州市小倉北区真鶴1-12-11
・田川市大字弓削田237-18

その都度建設中の住宅や、建設直後の住宅を使って見学会を実施しています。建てたい地域の工務店に見学可能な住宅がないか問い合わせてみることがオススメです。

ブルースホームのキャンペーン実績

  • ブルースホーム名古屋西:オリジナル洗面台プレゼント!
  • ブルースホーム名古屋西:施工費100万円プレゼント!
  • ブルースホーム小倉(福岡県):外構費120万円プレゼント!

期間中に申し込みを行った方を対象に、費用の値引きに関するキャンペーンが不定期に開催されています。建てたい地域の工務店でどのようなキャンペーンをやっているのかを確認しましょう!

ブルースホームに関するよくある質問

よくある質問と回答を4つご紹介します。

Q1.輸入住宅でも和室をつくることができる?

設けることが可能です。 洋風の家に住んでも1室は畳の部屋が欲しいという方はいらっしゃいます。

Q2.近隣の音や自宅からの音は防げる?

輸入住宅は、ブルースホームの遮音性は高いです。厚いパネルや断熱材で外壁を覆われ、さらに気密性の高いサッシ、複層や三層のガラスを採用しています。

Q3.木材が多く使われてるけど火災に強い?

木は火災に弱いと思われがですが、輸入住宅で利用する厚い木材は、火災時に表層部がこげて炭化層をつくり、芯まで燃えるのに時間がかります。

Q4.本で建てても長持ちするの?

湿気対策を行うことで長持ちさせることが可能です。

失敗しないハウスメーカー選び「8つのポイント」

8つのポイントを注意深く考えることで、失敗を避けることが可能になります。

①初期見積もりの段階で予算内に収まるか

見積もりが予算を大幅に超えるメーカーは適切な選択肢とは言えません。

逆に、非常に安価な見積もりを出すメーカーも品質に問題がある可能性があります。

予算と同じくらいの見積もりを出してもらえたハウスメーカーを選ぶことがオススメです。

②あなたが望む工法・構造が得意か

  • 伝統的な「木造軸組工法」
  • 海外で主流の「2×4工法」
  • 近年増加中の「鉄筋コンクリート工法」

そのメーカーが採用している工法が自分の希望する住宅とマッチしているか確認しましょう。

③耐震性など住宅性能は求めるレベルに達しているか

  • 断熱性
  • 耐震性
  • 耐久性

家の性能は住まいの快適さや安全性に直結します。

自分の優先順位に応じて、メーカーの提供する性能を比較検討しましょう。

④家の外観や内装の雰囲気が好きか

メーカーが提供する外観や内装が自分の好みや価値観に合致しているかを確認することも大切です。

⑤素材をあやふやにしていないか

素材の品質は住宅の耐久性や保温性能、そして見た目に影響します。

こだわりの素材を用いているメーカーを選ぶことで、より自分らしい住まいを手に入れることができます。

⑥営業マンと問題なくコミュニケーション取れるか

営業マンはメーカーと顧客とのパイプ役となり、信頼関係の構築に重要な役割を果たします。

明確な説明、迅速な対応、真心のこもったサービスなど、営業マンの態度や質をしっかりと確認しましょう。

⑦保証・アフターサポートを明確に示されているか

長期的な保証や充実したアフターサポートは、安心して住宅を維持するために必要です。

保証の期間や内容、アフターサポートの体制など、メーカーの対応を比較して選びましょう。

⑧施工事例をしっかりと公開しているか

メーカーの施工事例を確認することで、そのメーカーの実力やセンスを把握することができます。

完成した住宅の写真や、建築途中の様子などを通じて、メーカーの品質を判断しましょう。

坪単価の基礎知識

坪単価の基礎を抑えて、正確に情報を収集することが成功への近道です。

坪単価とは

1坪(約1.8m×1.8m)にかかる費用のことです

例えば、10坪で250万円かかる住宅の坪単価を坪単価25万円といいます。

地域ごとの坪単価の相場・平均価格

2021年度 フラット35利用者調査からわかる地域ごとの坪単価をご紹介します。

坪単価[万円/坪]
首都圏(東京、埼玉、千葉、神奈川、茨城、栃木、群馬、山梨) 103.9
近畿圏(三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県) 98.0
東海圏(静岡、愛知、三重、岐阜) 97.5
全国 95.2
その他 90.4

地域ごとに、注文住宅の坪単価はあまり変わらないように見えます。

しかし、35坪の住宅建てる場合、

建設費用
首都圏 3,636万円
東海圏 3,412万円

首都圏と東海圏ではと200万円以上の差が生まれますので、住宅を建てる地域も予算を抑えるうえでは重要と言えます。

坪単価の注意点・考え方

以下3点に十分注意し、坪単価の比較を行いましょう。

  1. 坪単価は定義があいまいで、企業ごとに坪単価の定義が異なる
  2. 原則小さい家ほど坪単価が高くなる
  3. メーカーによっては、手数料が見積もりに含まれない

注文住宅の坪単価を抑えるコツ

理想を追求しすぎると、どうしても予算オーバーになりがちです。

しかし、一生に一度の買い物で妥協しないため、初期費用を落とすコツがあります。

1階と2階の床面積を同じにする

正方形に近い形であれば外壁の面積が少なくなりコストが低くなります。

外観の面積を減らすことで、建材費を抑えることができます。

後から変えられるものは安くする

比較的短期間で交換が必要な箇所の費用を落とすことをおすすめします。

例えば、壁紙の張替え時期は一般的に5年~10年と言われ、比較的短い期間で張替えのタイミングとなります。

該当箇所 一般的な変更期間
壁紙 5年~
洗面 15年~
キッチン 15年~
浴室 15年~

小さいお子さんがいる場合は、特に壁紙・洗面台にはお金をかけすぎないことをおすすめします。

オプション追加は、本当に必要な設備だけ

オプションを追加する場合は、本当に必要な設備だけに絞ることで無駄な出費を抑えましょう。

例えば、「浴室乾燥機能」。

洗濯物を干したり、入浴前にお風呂場で暖房を今までかけたことない場合、必要ない可能性が高いと言えます。

屋根は片流れで初期費用を抑える

片流れ屋根は構造がシンプルであるため、他の屋根形状に比べてコストを抑えることが可能です。

窓の数や大きさを見直す

適切な位置に適切な大きさの窓を配置することで、坪単価を抑えつつ、エネルギー効率の良い家を建てることができます。

窓は建築費用だけでなく、月々の光熱費にも影響を及ぼします。

注文住宅の建設費の内訳

資金

注文住宅の費用は、下記3つの合計で算出されます。

  • 建物工事費
  • 付帯工事費
  • その他諸費

2,000万円の住宅を基に費用の内訳を確認していきます。

建物工事費とは

基礎や屋根などの家全体の「箱」を作る工事費用のことです。全体の費用の約7~8割(1,400~1600万円)を占めます。

付帯工事費とは

公共インフラとの接続車・敷地内の土台インフラを整える費用のことです。他には、敷地内に電気や給排水の配線・配管を引き込む工事や、駐車場のアスファルト舗装の工事などに利用され、全体の費用の約1~2割(200~400万円)を占めます。

その他諸経費とは

住宅ローンの手数料や、火災・地震保険、建物を登記等に利用する費用のことです。全体の費用の約0.5~1割(100~200万円)を占めます。

ブルースホーム坪単価まとめ

ブルースホームは、古き良きクラシックデザインを得意とする輸入住宅メーカーです。

住宅のプロ

実際の住宅のデザインや機能性、そして坪単価とのバランスをもっと深く知りたい方は、カタログを手にとることを強くおすすめします。

カタログには、実際の写真や詳細なスペックが掲載されており、ヤワタホームの魅力をより具体的に感じることができます。

理想の住まいを実現するための大切な一歩。ぜひ、ヤワタホームのカタログを一括請求し、あなたの夢の住まいを具体的にイメージしてみてください。