失敗・妥協しない輸入住宅を建てるための情報を徹底解説

輸入住宅の価格は高い?上質な生活を求める人向け!相場は3,570万円以上!

輸入住宅の相場って、あいまいに紹介されていて、

検討中

結局、相場としてはいくらなの?

ここでは政府からの運営交付金を受けて公共的な事業を行う法人「独立行政法人」の発表から、理論的な数値をご紹介します。

これを知らないと、相場以上の費用を請求されかねませんので、ぜひ損しないためにもご覧ください。

輸入住宅の相場は?

輸入住宅の相場は3,570万円以上。

日本で輸入住宅を実現するには、建設費用平均「3,570万円」の注文住宅をカスタマイズして建築する方法を一般的です。

よって注文住宅の建設費用平均「3,570万円」から、木材や照明、設計を海外仕様を採用した分高くなるので、「3,570万円以上」が輸入住宅の相場と言えます。

ただ、輸入住宅を検討する際、価格だけで判断すると、「建売住宅と大差ない」と感じたり、「高い費用を払っても満足できない」というケースも少なくありません。

専門家からのアドバイスを受ければ、自分にとって最適な家づくりを計画し、自分の好みや必要性に応じた間取りやデザインを自由に決めることができます。

専門家のアドバイスを踏まえ、自分の好みや必要に応じて間取りやデザインを自由に決め、家族全員が誇りを持てる家づくりを実現しましょう。

\家づくりの第一歩を踏み出す/
無料特典アリ!

輸入住宅とは?

輸入住宅産業協会では「海外の設計思想による住宅を、資材別またはパッケージで輸入し、国内に建築する住宅」を輸入住宅と呼んでいます。

海外の設計思想による住宅とは?

住宅のプロ

“何を優先するかを決めること”が設計思想です。

家の構造を考える際には、いろいろな選択の余地(自由度)があります。例えば、下記2つの家があったとします。

  1. デザイン性はイマイチだが、地震に強い家
  2. デザイン性が高く、地震に弱い家

この場合、どちらが理想的な家なのかは、国によって異なります。

優先される家 理由
日本 ①地震に強い家 年中起きうる地震による倒壊リスクに備えるため。
欧州(ヨーロッパ) ②デザイン性が高い家 無駄に柱を増やすよりもデザイン性を重視する人が多いため。

日本では地震が多いため、当然ながら「耐震性を上げる」が優先されます。

一方で、欧州の場合、地震が起こることはほとんどないですが、オシャレな空間に住みたいという意識が高くデザイン性を重視されます。

住宅のプロ

このように、”何を優先するか”を決める基準となるのが設計思想です。

海外の環境で生まれた設計を日本の気候に合った形で組み込む。この上で、オシャレさと機能性を両立させていくことが輸入住宅を建てる醍醐味です。

\家づくりの第一歩を踏み出す/
無料特典アリ!

注文住宅の相場は?

2021年度の「フラット35利用者調査」によると、注文住宅の建築費用・住宅面積・坪単価の全国平均は下記の通りです。

  • 建設費用:約3,570万円
  • 住宅面積:約33.8坪(111.4m2)
  • 坪単価:105.6万円

『2021年度 フラット35利用者調査』p.23・p.26参照

つまり、1坪あたりの建築費用の平均は約106万円です。

ただしこれは土地をすでに所有しており、住宅のみ建てる場合の金額のため、合わせて土地も購入する場合は土地代も必要になります。

坪単価の基礎知識

坪単価の基礎を抑えて、正確に情報を収集することが成功への近道です。

坪単価とは

1坪(約1.8m×1.8m)にかかる費用のことです

例えば、10坪で250万円かかる住宅の坪単価を坪単価25万円といいます。

地域ごとの坪単価の相場・平均価格

2021年度 フラット35利用者調査からわかる地域ごとの坪単価をご紹介します。

坪単価[万円/坪]
首都圏(東京、埼玉、千葉、神奈川、茨城、栃木、群馬、山梨) 103.9
近畿圏(三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県) 98.0
東海圏(静岡、愛知、三重、岐阜) 97.5
全国 95.2
その他 90.4

地域ごとに、注文住宅の坪単価はあまり変わらないように見えます。

しかし、35坪の住宅建てる場合、

建設費用
首都圏 3,636万円
東海圏 3,412万円

首都圏と東海圏ではと200万円以上の差が生まれますので、住宅を建てる地域も予算を抑えるうえでは重要と言えます。

坪単価の注意点・考え方

以下3点に十分注意し、坪単価の比較を行いましょう。

  1. 坪単価は定義があいまいで、企業ごとに坪単価の定義が異なる
  2. 原則小さい家ほど坪単価が高くなる
  3. メーカーによっては、手数料が見積もりに含まれない

\家づくりの第一歩を踏み出す/
無料特典アリ!

あなたの理想の家がいくらになるか無料で相談する

「平均坪単価105.6万円」と言っても、あなたが求める暮らしを実現できる家の坪単価が「105.6万円」とは限りません。

住宅のプロ

もしかしたら、理想を追求し100万円以上になるかもしれませんし、円安などの影響で90万円以下になることもあるかもしれません。

しかし、この状態では結局いくらかが明確にならず、明確にならないと行動しない状況続いてしまいます。

こで、注文住宅に関しての悩みを解決してくれる無料相談窓口の利用がオススメです。

無料相談窓口では、以下のようなあなたのモヤモヤを整理してもらえます。

  1. イメージしている住宅がいくらくらいになるのか?
  2. どのハウスメーカーが良いのか?

オススメのハウスメーカーを教えてもらえることはもちろん、初心者が良く迷う住宅建設のコツを書いた冊子やあなたに合った資金計画等もらえます!

ハウスメーカーの営業の一員ではなく、客観的なアドバイザーとしてあなたの家づくりをサポートしてもらえます。

無料で相談を実施しているサービスは下記記事にまとめています!ぜひご覧ください。

\家づくりの第一歩を踏み出す/
無料特典アリ!

まず都道府県ごとの坪単価等から比較していきたい方は、下記をご覧ください。

東京都の輸入住宅ハウスメーカーをご紹介!平均坪単価は67.7万円!

【神奈川で輸入住宅を建てる!】失敗しないハウスメーカー・工務店全27選

埼玉県で輸入住宅を建てる!平均坪単価は65.3万円。ハウスメーカー全35社!

【輸入住宅メーカー】千葉県のハウスメーカー・工務店計25社ご紹介!

【輸入住宅メーカー】大阪府のハウスメーカー・工務店計14社ご紹介!

【輸入住宅メーカー】群馬県のおすすめハウスメーカー・工務店21選

【輸入住宅メーカー】愛知県でおすすめハウスメーカー・工務店23社

【輸入住宅メーカー】茨城県のハウスメーカー・工務店を坪単価順で27社ご紹介!

【輸入住宅メーカー】福岡県のおすすめハウスメーカー・工務店15選

北海道の輸入住宅メーカー・工務店10選!坪単価順にオススメポイントをご紹介!