失敗・妥協しない輸入住宅を建てるための情報を徹底解説

【小さな輸入住宅】かわいいお家を建てたいあなたに

外観・間取り

「小さい」というだけで、すべてをネガティブな印象をもちがちですが、

住宅のプロ

実は、「小さな輸入住宅」は小さいからこそ得られるメリットもあります。

輸入住宅「小さな家」の面積ってどの程度?

輸入住宅の「小さな家」というのは、18~20坪程度のことを指します。

坪数 一般的な広さ 小さめの広さ
2階建て 35坪 20坪
平屋 22.5坪 18坪

2階建ての住まいだと30坪以上が一般的ですが、小さめだと約20坪。平屋だと一般的には約20坪ですが、小さめだと約18坪です。

輸入住宅「小さな家」のメリット3選

狭いと聞くとデメリットしかなさそうですが、輸入住宅の小さな家に住むメリットもありますので、ご紹介します。

初期費用とランニングコストが安い

資金

「小さい輸入住宅」を選ぶ大きな魅力の一つは、初期費用とランニング費用が安く抑えられることです。小さな家は、建設に必要な資材が少ないため、建築費が低くなります。

さらに、エネルギー効率が良く、冷暖房費などのランニングコストも削減できます。また、輸入住宅の耐久性の高さを考慮すると、長期的なメンテナンス費用も抑えられると言えます。

狭い土地に建設できる

小さい土地

都市部など土地が限られている場所では、「小さい輸入住宅」は非常に魅力的な選択肢です。コンパクトな設計のおかげで、限られたスペースでも建設が可能であり、自分好みの家を手に入れることができます。また、狭い土地に建てることで、土地代も抑えられ、予算の範囲内で質の高い輸入住宅を手に入れることが可能です。

2~4人家族で快適に暮らせる

family

「小さい輸入住宅」は、2~4人家族にとって理想的な生活空間を提供します。効率的な間取りと収納スペースにより、家族全員が快適に暮らすことができます。コンパクトな空間は、家族間のコミュニケーションを活性化させ、家族の絆を深める機会を増やします。

輸入住宅の「小さな家」のデメリット3選

収納が少なくなりやすい

輸入住宅の小さな家は、そのコンパクトな造りから、収納スペースが限られることが多いです。これは特に、大量の荷物や家族が増えるなどライフスタイルの変化により、収納スペースの必要性が増す場合に問題となります。整理整頓を心がけることは必須であり、工夫が求められます。

ライフスタイルの変化に対応できない

小さな輸入住宅では、家族構成の変化や趣味、仕事などのライフスタイルの変化に十分に対応することが難しいことがあります。例えば、新たに家族が増えた場合や、在宅ワークが増えた場合など、追加のスペースが必要となると、不便さを感じることがあるかもしれません。

設備や家具・家電の選択肢が少ない

小さな輸入住宅では、スペースの制約から、設備や家具・家電についても選択肢が限られることが多いです。広いキッチンや大きな冷蔵庫、大型のテレビなどを設置することが難しく、コンパクトなものを選ぶ必要が出てきます。

輸入住宅のおしゃれな「小さな家」3選

小さくてかわいい輸入住宅の事例を3つご紹介します。

【~1,499万円】コンパクトだけど広く見える輸入輸入住宅の平屋

コンパクトで開放的な平屋です。寝室やリビングが扉などの仕切りで分かれている分かれているわけではなく、リビングから全てが見えるような間取りになっています。

輸入住宅_平屋1.0
項目 概要
ハウスメーカー ロビンスジャパン(パステルパレット)
建設費用 ~1,499万円
延べ床面積 17.6坪

外観の窓枠と内装の床や家具の色が統一されていることで凝縮されたこだわりを感じます。

さらに、備え付けのクローゼットを設置することで、衣装用の家具費用を抑え、初期費用を抑える工夫がされています。

夫婦で2人で暮らしたり、別荘として活用するのにオススメな住宅です!


【1,139万円】2LDK・2階建ての欧米風の住宅

3人家族であれば十分な住宅です。

項目 概要
建設費用 1,139万円
延べ床面積 20坪
ハウスメーカー ロビンスジャパン

この本体価格であれば、本体価格以外の工事などを含めても約1,627万円(本体価格の1.4倍)で予算内に十分収めることが可能です。

また、この価格帯にも関わらず全部屋にクローゼットも設置されており、個室に収納用の家具は購入の必要がありません。お子さんがもう成人された方や1人お子さんがいる方におすすめの住宅です。


【~1,499万円】実サイズよりも大きく感じさせる輸入住宅

メインの居住スペースから玄関とガレージが付きだすことで実サイズより大きい印象を与える住宅です

項目 概要
建設費用 ~1,499万円
延べ床面積 22.7坪
ハウスメーカー ロビンスジャパン

アーチ型のエントランスがかわいいだけでなく、淡いピンクの外壁が、時間ごとに異なる色に輝くことも嬉しいポイントです。内装は白を基調とすることで圧迫感を感じさせず、きれいな空間となっています。

輸入住宅の「小さな家」は注文住宅で建てるのがオススメ

輸入住宅の小さな家は、こだわりをしっかりと反映させられる注文住宅で建設することがおすすめです。

機能性が大切な「小さな家」は注文住宅で工夫を

小さな輸入住宅では、限られたスペースを最大限に活用することが非常に大切です。そのため、機能性が鍵となります。注文住宅では、自分たちのライフスタイルに合った間取りや、収納スペースを工夫することができます。

  • 高さを活かしたロフト収納
  • 壁面を活用した収納

工夫次第で快適な生活空間を作ることができます。

小さくてもおしゃれでかわいい輸入住宅

小さいといえども、輸入住宅ならではのおしゃれなデザインや質感はそのままに、かわいらしい家を実現することができます。

住宅のプロ

ヨーロッパ風のクラシカルな外観や、モダンで洗練されたスタイルなど、好みに合わせてセレクトできます。

内装においても、輸入品の家具や照明を使用することで、ハイクオリティな空間を作ることができます。

夫婦だけなら、平屋も快適

「小さな家」であっても、住む人数が少なければ、平屋を選ぶことで非常に快適な生活が送れます。

住宅のプロ

特に夫婦二人の生活であれば、一階だけで生活することができ、無駄なスペースを作らずにすみます。

また、平屋はバリアフリーにしやすく、高齢になっても生活しやすいというメリットがあります。輸入住宅の洗練されたデザインと平屋の快適さを組み合わせれば、理想の暮らしが実現します。

【1,000万円台の輸入住宅】間取り事例5選とオススメハウスメーカーをご紹介

また、実際の間取りを見て判断したいという方は以下の記事をご覧ください。

【注文住宅一括見積りサービス7選を徹底比較】どこがおすすめ?メリットや比較方法などをご紹介