失敗・妥協しない輸入住宅を建てるための情報を徹底解説

【アイダ設計の坪単価は44.2万円】実際の価格・評判・口コミをご紹介!

ハウスメーカー

【PR】当記事は無料で有益な情報をご覧いただけるよう、広告を掲載しています。

アイダ設計は、一戸建ての住宅建設を考えている人達に非情に人気なハウスメーカーの一つです

住宅のプロ

アイダ設計の坪単価に関するデータや、アイダ設計の特徴についてご紹介します。

アイダ設計の特徴を抑え、家族全員が自信を持てる家づくりを実現しましょう。

アイダ設計の坪単価目安は約44.2万円

住宅のプロ

アイダ設計の参考坪単価は、「44.2万円」です

この坪単価は、インターネット上で公開されている、「建設費用」と「坪数」が掲載されている建設事例から求められる平均値です。

アイダ設計の建設費用

上記坪単価かた「住宅だけの費用」と電気・ガス・水道や登記等にかかる「全体にかかる費用」を以下に記載します。

坪数 建設費用 全体費用
25坪 1,100万円 1,600万円
30坪 1,300万円 1,900万円
35坪 1,500万円 2,200万円
40坪 1,800万円 1,600万円
50坪 2,200万円 3,100万円

アイダ設計で30坪の住宅を建てるための世帯年収

  • 建設費用のみ:世帯年収344万円
  • 建設費用+土地費用:世帯年収708万円 ※土地代2,000万円と仮定

注文住宅の予算は、土地代、建築費、諸経費(仲介手数料や登記費用など)を合計した金額となります。

住宅のプロ

総額は、年収の約5〜6倍。月々の住宅ローンの返済額は、収入の3割程度が理想的とされています。

この数値はあくまで目安であり、個々の生活状況やライフプラン、将来の見通し等によって調整が必要です。

予算を決める際には、自己資金だけでなく、将来的な家計の動向や、予期せぬ出費に備えた非常手段も考慮に入れると安心です。

アイダ設計の坪単価だけで判断するその前に

「家を建てる」ーそれは人生の一大プロジェクト。

住宅のプロ

その成功の鍵は「ハウスメーカー選び」にあります。

家族が笑顔と共に生活し、自信と共に来客を向かい入れるようになるかどうかはすべて、選んだハウスメーカーによって決まります。

ですが、選択肢が多すぎて、失敗してしまう選択肢を選んでしまうことも。。。

  • A社でなくB社ならもっと月々の生活に余裕ができた
  • オシャレにしすぎた間取りで生活しにくい

こんな思いしたくありませんよね。

そんな時は、あなたの家づくり計画をプロの目で確認してもらうことが大切です。

住宅のプロ

ここでオススメなのが、注文住宅の無料相談サービスです。

完全無料であなたの理想から、あなたに本当に合ったハウスメーカーを選んでくれるサービスもあります。

住宅のプロ

たった1回の相談で、資金計画~ハウスメーカー選びに関わる疑問をスッキリ解決してくれます!

プロの目線でのアドバイスを基に、失敗せず理想の住宅を手に入れるために、是非活用しましょう!

\家づくりの第一歩を踏み出す/
無料特典アリ!

大手ハウスメーカーと坪単価を比較

以下に実際の建設事例から算出した大手ハウスメーカーの坪単価一覧をご紹介します。

住宅のプロ

大手ハウスメーカーの坪単価の平均は、「83.5万円」です。

大手ハウスメーカー 備考

積水ハウス
■目安坪単価:
104.7[万円]
■特徴:
重厚感溢れる大屋根の家
■保証期間:
最長60年間

ヘーベルハウス
■目安坪単価:
102.5[万円]
■特徴:
夏涼しく冬暖かい家
■保証期間:
最長60年間

三井ホーム
■目安坪単価:
92.7[万円]
■特徴:
立体的でおしゃれな家
■保証期間:
最長60年間

一条工務店
■目安坪単価:
89.9[万円]
■特徴:
自然の力で快適な家
■保証期間:
最長30年間

ミサワホーム
■目安坪単価:
86.8[万円]
■特徴:
シンプル・イズ・ベストな家
■保証期間:
最長35年間

トヨタホーム
■目安坪単価:
80.2[万円]
■特徴:
こだわりを詰め込んだ家
■保証期間:
一生涯

セキスイハイム
■目安坪単価:
78.1[万円]
■特徴:
耐震性が高い家
■保証期間:
30年間

アキュラホーム
■目安坪単価:
71.4[万円]
■特徴:
ローコストで自由設計な家
■保証期間:
最長35年間

クレバリーホーム
■目安坪単価:
71.0[万円]
■特徴:
おしゃれなタイル外壁な家
■保証期間:
最長30年間

タマホーム
■目安坪単価:
58.1[万円]
■特徴:
ローコストでシンプルな家
■保証期間:
最長60年間

アイダ設計は、大手ハウスメーカーと比較すると、コストを抑えて住まいを建設できると言えます。

輸入住宅メーカーの坪単価と比較

住宅のプロ

輸入住宅メーカーの坪単価の平均は、「72.7万円」です。

以下、輸入住宅メーカー一覧です。

大手ハウスメーカー 備考

スウェーデンハウス
■目安坪単価:
118.5万
■特徴:
北欧デザイン×木材の住宅
■保証期間:
50年間

ノアデザインインク
■目安坪単価:
100[万円]
■特徴:
本格的な欧米スタイルの住宅
■保証期間:
10年間

フローレンスガーデン
■目安坪単価:
82.8[万円]
■特徴:
かわいいお庭がある家
■保証:
不明

つるおか工務店
■目安坪単価:
82.5[万円]
■特徴:
熟練の技を持つ大工が建設
■保証期間:
10年間

セルコホーム
■目安坪単価:
70[万円]
■特徴:
カナダ政府公認の住宅
■保証期間:
10年間

メープルホーム
■目安坪単価:
67.6[万円]
■特徴:
the海外の住宅
■保証期間:
10年保証

アーバンホーム
■目安坪単価:
66.2[万円]
■特徴:
専門デザイナーと建てる家
■保証期間:
10年間

スキャンDホーム
■目安坪単価:
56.9[万円]
■特徴:
日本の風土に合わせた住宅
■保証期間:
不明

ロビンスジャパン
■目安坪単価:
56.2[万円]
■特徴:
ローコストでおしゃれな家
■保証期間:
10年間

クラシスホーム
■目安坪単価:
50[万円]
■特徴:
自由設計×ローコストの家
■保証期間:
最長60年間

リバティーホーム
■目安坪単価:
49.2[万円]
■特徴:
地域の気候に最適な家
■保証期間:
20年間

アイダ設計は、輸入住宅メーカーと比較すると、コストを抑えて住まいを建設できると言えます。

アイダ設計の特徴

アイダ設計は、

  • 低コスト
  • 狭小地を有効に使いきる設計

が得意なハウスメーカーです。

低コストで建設可能な住宅

money_house

アイダ設計は、常に「正直価格」で建設費用をご案内しています。

  • お客様にとって紛らわしい価格設定はしたくない。
  • お客様に誤解されるような価格交渉はしたくない。
  • お客様に不信感を抱かせるような対応はしたくない。

値段交渉をしないハウスメーカーです。

その代わり、正直なお見積りを常に実施し、不明点があれば説明を実施してもらえます。

狭小地を有効に使いきる設計

昔から狭小地の建設をしているので、狭小地などの難しい設計を得意としています。

材料を1mm単位でカット可能な自社プレカット工場を持っており、これによって自由な間取りを低コストで提供することができます。

その精度から震度7レベルの耐震実験をクリアする住宅の建設が可能です。

さらに、年間2,000棟の設計実績があり、日々住宅建設の技術を向上させています。

アイダ設計の建設事例

住宅の延べ床面積が広い順にご紹介します!

白壁とグレーで清潔感ある雰囲気|駐車場と中庭のスペースがある住宅

項目 内容
ハウスメーカー アイダ設計
建設費用 不明
坪数 46.6坪
施工エリア 埼玉県

玄関に入ると、まず解放感ある吹き抜けの階段がお出迎え。

玄関が広いと家に帰って圧迫感を感じることなく、帰宅のたびに「いい家だな」と感じることができます。

リビングは、来客などに備え仕切ることも可能ですが、通常時は開けておくことで広々とした空間にしておくことができます

キッチンはカウンターキッチンで、白色を基調とすることで、明るく清潔感ある場所になっています。

LDKの他に「和室1室」「洋室3室」「ウォークインクローゼット1室」と、4名家族でも広々と使える部屋数を確保しています。

無垢の白壁の外壁|リビングに開放的な吹き抜けを採用した住宅

項目 内容
ハウスメーカー アイダ設計
建設費用 不明
坪数 35.9坪
施工エリア 群馬県

白色を基調とした、とてもシンプルな外観の住宅です。

お庭のスペースも確保することで隣の家に日光を遮られることがなく、家全体が常に照らされて、明るい雰囲気になっています。

リビングは、吹き抜けでさらに2階に相当する高さに窓を設置することでとても開放的な空間になっています

キッチンは、リビングと距離感が近く、常にリビングでの会話や様子をうかがいながら料理ができます。

洗面所には無駄な「もの」や「色」を一切設置しないことで、とても清潔感のあるオシャレな空間になっています。

南フランス風|無垢の白壁に赤い屋根がかわいい住宅

項目 内容
ハウスメーカー アイダ設計
建設費用 不明
坪数 34.6坪
施工エリア 千葉県

無垢の白壁に・赤い屋根・アーチ形の玄関ポーチ・黒アイアンの窓柵等、すべてが南フランス風でがかわいい住宅です。

玄関は、とてもシンプルですが、扉の色と木調がとてもかわいいデザインになっています

リビングは、白色を基調とし、とても明るいです。

また、リビングの天井にもアーチ形の梁を設置しており全体的に丸く可愛い雰囲気となっています。

キッチンも白壁を基調とすることでとても明るい空間となっています。

外壁に落ち着きあるグレーを採用|玄関の扉が映えるモダンな住宅

項目 内容
ハウスメーカー アイダ設計
建設費用 不明
坪数 29.8坪
施工エリア 神奈川県

落ち着いた雰囲気のグレーを中心としたモダンな外壁に、オシャレなブラウンの扉の玄関を採用している住宅です。

リビングは、L字ソファーと老若男女問わずくつろげる畳の部屋があります

キッチンは、リビング向きについているので、リビングにいる家族の様子を見ながら料理をすることが可能です。

敷地面積16坪|予算のメリハリで快適バスルームを搭載した住宅

項目 内容
ハウスメーカー アイダ設計
建設費用 不明
坪数 約27坪
施工エリア 東京都

東京都内で1戸建てを実現した、モダンなデザインの住宅です。ネイビーのタイルの外壁がおしゃれな雰囲気を出しています。

リビングは吹き抜けなので、とても開放的でありながら、白壁と黒壁でメリハリが効いた空間となっています。

キッチンは、白の棚とシルバーの調理台、さらに木調の引き出しで、とても明るく広々としています。

お風呂は、肩に常にお湯かけ続けることができ、快適に生活できるようなハイテクBathが採用されています。

敷地面積が10坪台とは思えない開放感と室内面積を確保しています。

アイダ設計の口コミ

悪い口コミと良い口コミをご紹介します。

アイダ設計の悪い口コミ①現在アイダ設計と訴訟中です。

購入者A

戸建依頼から2年経過でやっと自宅が建ちました。書類遅延、設計調査遅延、建築作業遅延等々。度々担当者に連絡するも連絡等対応無し。結局、当初の引き渡し予定日から1年近く遅延したにも関わらず弊社に落ち度はない、遅延損害金は支払わないと言われ、更に当初の見積もりには入っていない追加工事費用まで請求され、積りに積もった不信感が爆発。現在アイダ設計と訴訟中です。

アイダ設計の悪い口コミ②次から次に、わからない追加料金が加算されます。

購入中B

結論から言うと安かろう悪かろう嘘つきな会社で絶対依頼しない方が良いです。理由はまず基本見積もりで契約をした後に次から次へとわけのわからない追加料金が加算されます。もちろん明確な説明はありません。
また、契約した後建築開始まで全く音沙汰もなく動こうとしません。契約後6ヶ月がたっても会社都合で動きません。図面修正に1週間、さらに見積もり修正に1週間などと引き延ばしされました。営業は特にいい加減で説明回答する能力はありません。
また営業と設計は全くコミュニケーションが取れておらず、ちょっとしたことでも回答に最低でも1週間はかかります。契約後に設計がまだ1階も出てきたことがありません。アイダ設計は癒す青前面に出しているが結果的にはわけのわからない追加料金が発生し割高になります。そして建物の品質においても手抜き工事、雑な施行により出来上がりの満足度もかなり低いです。
営業担当者の問題も大きいですが秋田と言う会社組織のいい加減な体質に完全に染まっておりいくら担当者に文句を言っても会社全体がいい加減な会社なのでなかなか動かすことが難しいです。
それらの労力を考えると間は絶対にお勧めできない会社です。

アイダ設計の悪い口コミ③建設会社として終わってます

購入者C

注文住宅を建てています。現在引渡しは予定日から1年以上経過。固定資産税の金額も高くなるし、申し込むはずだったすまい給付金も申し込めないし1年弱賃貸の家賃とローン返済ダブルで支払ってるし最悪です。工事ミス・工程管理ミス(発注されていない、工事されていない期間が多い)と完全にこの会社の責任による遅延と会社側も認めているにも関わらず、上記に書いたような費用負担は一切無し。
対応の悪さ・遅さはピカイチ。
・対応期日を決めない(何度求めても決めない)
・XX日までにメール返信して、と伝えても1度も守られない
・アイダ設計側から提示してきたスケジュールを守らない
・こちらからリマインドを何度かけても毎回無視
・電話はほぼでない
建設会社として、社会人として、人として終わってます。絶対に、絶対にこの会社で家を建ててはだめだと思います。たしかに費用は安く抑えられるように見えますが、工事遅延・延期にかかる費用や実損を考えると結局高くつきます。

アイダ設計の良い口コミ①値段相応で大満足

購入者D

担当営業が、土地探しから書類整備まで全てやってくれました。又、スケジュール通りの納期でした。元々の仕様に色々とオプションを追加したのですが、基本的な説明では壁紙の種類くらいしか説明がありませんでした。時々、設計図面のチェックもれや連絡が遅い時もありましたが概ね満足です。一応見積もり提示額と内訳は自分でぐぐって確認しましたが、価格の値引交渉は一切していません。(ローコストの場合、薄利多売なので値引をするとどこかにしわ寄せがいくと思います)住んでみて1年以上経過しましたが、非常に満足しています。

アイダ設計の良い口コミ②決め手は担当者の対応

購入中E

正直どの住宅メーカーも取り組み姿勢や技術力など素晴らしさは変わりません。やっぱり決め手となるのは担当者やスタッフの対応だと思います。その点で、アイダ設計が群を抜いていました。いろんなところで相談を持ちかけましたが、担当者の熱意が伝わり我々の要望などに耳を傾けてくれたのはこちらでした。なので、ついつい理想の住まいについて熱く語ってしまいました。緊張と不安ばかりが大きかった住宅の購入、人生最大の買い物をする勇気をもらった気がします。

アイダ設計の良い口コミ③予算内に収まる範囲で提案してくれ、太陽光まで設置

購入者F

建てたい家の坪数から計算すると、予算内で注文住宅を依頼する住宅メーカーは限られていて、予算を踏まえてハウスメーカーのモデルハウスを見学しました。
その中で、設備や接客・説明が一番よかったのがアイダ設計でした。現在の家族構成や将来を考えて間取りの設計をお願いしました。デッドスペースを利用して幾つもの収納場所を考えてくれ、家の中がスッキリ使えて機能的な住まいになりました。住宅設備も予算内に収まる範囲で提案してくれ、太陽光まで設置することができました。依頼して大正解でした。

アイダ設計の代表的な商品ラインナップ

アイダ設計には、大きく「自由設計のブラーボシリーズ」と「規格住宅」の2種類があります。

アイダ設計のブラーボシリーズ

安心して暮らせる最長35年の長期保証付きで、充実の設備·こだわりの自由設計で、理想のマイホームを実現します。

イメージ 商品名 特徴
BRAVO 住宅の高い断熱・耐震性能はそのままに、「創エネ」と「蓄エネ」の機能が追加された住宅。高い断熱性を持つため、季節の温度変化からくる体への負担が減少し、部屋ごとの室温性原因で死に至る「ヒートショック」も心配ない、健康的な生活が可能です。
ブラーボゼネクト ランニングコストまで考え、太陽光発電などの電力のみで、住宅の電力を賄う「ZEH住宅」。BRAVOよりも断熱性能を高く上げる処理を行う等、初期費用が少し高くなってでも毎月の支払いが楽に、環境にも優しい住宅を提供します。
ブラーボコンフォート 環境や毎月のお支払いまで考えて建てられる「ブラーボゼネクト」に、住宅の耐久性・快適さの要素も追加したのがこの「ブラボーコンフォート」です。弱くなりにくいこだわりの材料を積極的に利用し、さらに全館空調を搭載することで、長期的に劣化が少なく、快適な住宅を提供します。

アイダ設計の規格住宅

アイダ設計では、建てる前から費用が明確に決まっている6種類の規格住宅も準備しています。2階建ての最低価格と坪数も記載します。

イメージ 商品名 特徴
ブラーボミニマル 建てる前から費用がある程度の費用が決まっているプランがあり。
・「2階建て×15坪」は、1,158万円~
・「平屋×12坪」は、1,156万円~
スイートハウス プラス 安心・安全・快適がつまった住宅。標準仕様で設置可能な設備あり。
・玄関電子錠の設置
・宅配ボックス設置
・玄関に小さい洗面台設置
・初期費用なしで太陽光発電を設置 …etc
平屋プラス 設計の工夫により、開放的な平屋を実現します。
・天井を高くする「勾配天井」を採用
・外とのつながりを意識したオープンテラス
D-STYLE アイダ設計と建築家がコラボレーションした住宅です。建築家によるおしゃれな設計でありながら、アイダ設計の低コストを実現します。東西南北どの方向に面する住宅でも建設可能。
二世帯住宅 ご家庭ごとにどのように親世帯と接するのかに応じて、3タイプの住宅を用意しています。
・全スペースを共有する「完全同居タイプ」
・一部共有スペースを作る「部分共有タイプ」
・同じ家に言えるが共有スペースを作らない「完全分離タイプ」
子育ての家 「子育て」と「家事」の2つの視点で考えられた1つの間取りを提供します。以下のポイントを考慮します。
・親子の動線
・家事の動線
・子供も含めた収納スペース
・ファミリースペースの確保etc…

アイダ設計の苦と込みからわかるデメリット

アイダ設計のデメリットは大きく1点です。

アフターフォローが有料

アイダ設計のアフターフォローは年間約13万円かかることを前提とした35年保証です。

住宅のプロ

5年に1回10万円・10年に1回125万円の有料のメンテナンス工事を実施します。

このメンテナンスをアイダ設計で行うことで35年間住宅に関する保証が付きます。

保証は「構造躯体に対する瑕疵」や「防水」に対象になります。

住宅のプロ

「構造躯体に対する瑕疵」に対する補償とは、購入した物件に不具合や欠陥などの契約の内容に適合しない「瑕疵」があった場合に、売主が買主に対して修繕費用などを保証することです。

他社でメンテナンスを行った時点で保証が切れてしまうのでご注意ください。

アイダ設計の基本情報

埼玉県を中心に全国で住宅を建設している大手ハウスメーカーです。

項目 内容
会社名 アイダ設計
住所 〒330-0854 埼玉県さいたま市大宮区桜木町二丁目286番地
施工エリア 東京都神奈川県埼玉県群馬県茨城県千葉県愛知県福岡県・大分県・宮城県・鹿児島県・熊本県・佐賀県・長崎県・沖縄県・岐阜県・三重県・静岡県・山梨県・長野県・新潟県・栃木県・大分県・長崎県
創業年 1981年
事業内容 不動産業・建設業・建築設計・土地造成・プレカット加工・損害保険代理業他
受賞歴 第10回埼玉建築文化賞:地域の特性を活かし、かつ、景観的にも機能的にも優れた建築物等を表彰する賞
ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー最優秀賞:建物躯体と設備機器をセットとして捉え、トータルとしての省エネルギーやCO2削減等へ貢献する優れた住宅を表彰する制度

アイダ設計のアフターフォロー

アイダ設計の35年保証を受けるために、有料のメンテナンス工事が必要です。

建設年数ごとに、有料メンテナンス費用が異なります。

  • 5の倍数の年:10万円
  • 10の倍数の年:125万円
  • 5かつ10の倍数の年:135万円

35年の間に、計445万円のメンテナンス工事が必要となります。

アイダ設計に関するよくある質問

よくある質問6つをまとめました。

①アイダ設計の家、実際いくらで建てましたか?

インターネット上で公開されている建設事例の内、2023年9月時点で費用が公開されているものは1件で、「1400万円」です。

②アイダ設計のUA値はどうですか?

アイダ設計のZEH対応商品ブラーボ・ネクストのUA値は、普通くらいの約0.46を指標としています。

  • UA値:UA値は、外皮(建物を表面)1m2当たりで、平均して何wの熱が逃げるかを表した数値。「0.85」より小さければ断熱性能が高いとされており、エネルギー効率が良いとされるのが「0.50」以下です。

③アイダ設計の実績はどうですか?

創業以来50,000世帯の実績があります。今でも、年間2,000軒もの住宅を設計しています。

④アイダ設計のセミオーダー住宅の価格はどうですか?

注文住宅よりも安く建てることが可能です。

ある程度決まりがある中から間取りやデザインを決めた方が失敗しにくいので、初心者の方にはセミオーダー住宅はオススメです。

⑤「コミコミプラン」「999万円の家」って何ですか?

アイダ設計が「提供している」or「提供していた(今はしていない)」建設のプランです。

  • 「コミコミプラン」:建設費用が決まっているプランのことで、現在も提供しています。
  • 「999万円の住宅」:アイダ設計が実施しているプランで、999万円で家づくりを行うプランです。

⑥アイダ設計のオリコンのランキングは何位ですか?

第28位です。

この順位は、サービスを利用した16,455名の消費者の方々のアンケートを基にした2023年度の順位です。

実際に自分の理想を基にハウスメーカーを比較することをオススメします。

失敗しないハウスメーカー選び「8つのポイント」

8つのポイントを注意深く考えることで、失敗を避けることが可能になります。

①初期見積もりの段階で予算内に収まるか

見積もりが予算を大幅に超えるメーカーは適切な選択肢とは言えません。

逆に、非常に安価な見積もりを出すメーカーも品質に問題がある可能性があります。

予算と同じくらいの見積もりを出してもらえたハウスメーカーを選ぶことがオススメです。

②あなたが望む工法・構造が得意か

  • 伝統的な「木造軸組工法」
  • 海外で主流の「2×4工法」
  • 近年増加中の「鉄筋コンクリート工法」

そのメーカーが採用している工法が自分の希望する住宅とマッチしているか確認しましょう。

③耐震性など住宅性能は求めるレベルに達しているか

  • 断熱性
  • 耐震性
  • 耐久性

家の性能は住まいの快適さや安全性に直結します。

自分の優先順位に応じて、メーカーの提供する性能を比較検討しましょう。

④家の外観や内装の雰囲気が好きか

メーカーが提供する外観や内装が自分の好みや価値観に合致しているかを確認することも大切です。

⑤素材をあやふやにしていないか

素材の品質は住宅の耐久性や保温性能、そして見た目に影響します。

こだわりの素材を用いているメーカーを選ぶことで、より自分らしい住まいを手に入れることができます。

⑥営業マンと問題なくコミュニケーション取れるか

営業マンはメーカーと顧客とのパイプ役となり、信頼関係の構築に重要な役割を果たします。

明確な説明、迅速な対応、真心のこもったサービスなど、営業マンの態度や質をしっかりと確認しましょう。

⑦保証・アフターサポートを明確に示されているか

長期的な保証や充実したアフターサポートは、安心して住宅を維持するために必要です。

保証の期間や内容、アフターサポートの体制など、メーカーの対応を比較して選びましょう。

⑧施工事例をしっかりと公開しているか

メーカーの施工事例を確認することで、そのメーカーの実力やセンスを把握することができます。

完成した住宅の写真や、建築途中の様子などを通じて、メーカーの品質を判断しましょう。

坪単価の基礎知識

坪単価の基礎を抑えて、正確に情報を収集することが成功への近道です。

坪単価とは

1坪(約1.8m×1.8m)にかかる費用のことです

例えば、10坪で250万円かかる住宅の坪単価を坪単価25万円といいます。

地域ごとの坪単価の相場・平均価格

2021年度 フラット35利用者調査からわかる地域ごとの坪単価をご紹介します。

坪単価[万円/坪]
首都圏(東京、埼玉、千葉、神奈川、茨城、栃木、群馬、山梨) 103.9
近畿圏(三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県) 98.0
東海圏(静岡、愛知、三重、岐阜) 97.5
全国 95.2
その他 90.4

地域ごとに、注文住宅の坪単価はあまり変わらないように見えます。

しかし、35坪の住宅建てる場合、

建設費用
首都圏 3,636万円
東海圏 3,412万円

首都圏と東海圏ではと200万円以上の差が生まれますので、住宅を建てる地域も予算を抑えるうえでは重要と言えます。

坪単価の注意点・考え方

以下3点に十分注意し、坪単価の比較を行いましょう。

  1. 坪単価は定義があいまいで、企業ごとに坪単価の定義が異なる
  2. 原則小さい家ほど坪単価が高くなる
  3. メーカーによっては、手数料が見積もりに含まれない

注文住宅の坪単価を抑えるコツ

理想を追求しすぎると、どうしても予算オーバーになりがちです。

しかし、一生に一度の買い物で妥協しないため、初期費用を落とすコツがあります。

1階と2階の床面積を同じにする

正方形に近い形であれば外壁の面積が少なくなりコストが低くなります。

外観の面積を減らすことで、建材費を抑えることができます。

後から変えられるものは安くする

比較的短期間で交換が必要な箇所の費用を落とすことをおすすめします。

例えば、壁紙の張替え時期は一般的に5年~10年と言われ、比較的短い期間で張替えのタイミングとなります。

該当箇所 一般的な変更期間
壁紙 5年~
洗面 15年~
キッチン 15年~
浴室 15年~

小さいお子さんがいる場合は、特に壁紙・洗面台にはお金をかけすぎないことをおすすめします。

オプション追加は、本当に必要な設備だけ

オプションを追加する場合は、本当に必要な設備だけに絞ることで無駄な出費を抑えましょう。

例えば、「浴室乾燥機能」。

洗濯物を干したり、入浴前にお風呂場で暖房を今までかけたことない場合、必要ない可能性が高いと言えます。

屋根は片流れで初期費用を抑える

片流れ屋根は構造がシンプルであるため、他の屋根形状に比べてコストを抑えることが可能です。

窓の数や大きさを見直す

適切な位置に適切な大きさの窓を配置することで、坪単価を抑えつつ、エネルギー効率の良い家を建てることができます。

窓は建築費用だけでなく、月々の光熱費にも影響を及ぼします。

アイダ設計まとめ

アイダ設計は、「設計力」と「ローコスト」で広く評価されているハウスメーカーです。

住宅のプロ

予算を最大限に利用した家づくりを希望するご家庭にとって有力な選択肢と言えるでしょう。

しかし、他社との比較なくアイダ設計に決めてしまうのはとても危険です。

  • A社でなくB社ならもっと月々の生活に余裕ができた
  • 実は同じ価格でハイグレードな設備にできた

という後悔を後からしないように、住宅に関する疑問を無料で相談できる窓口を使用することがオススメです。

  • 気になっているハウスメーカーの他に合いそうなハウスメーカーを紹介してもらえた
  • 土地探しに困っていたが、オススメの地域密着不動産会社を教えてもらえた

「家づくりを進めたいけど、あまり進んでいる気がしない」というときに、オススメのサービスです。

\家づくりの第一歩を踏み出す/
無料特典アリ!