失敗・妥協しない輸入住宅を建てるための情報を徹底解説

グランハウス(新潟上越)の坪単価は77.5万円!豪雪地域でも暖かい家は建てられる?

未分類

【PR】当記事は無料で有益な情報をご覧いただけるよう、広告を掲載しています。

家を建てる際、最も気になるのは「坪単価」というキーワードではないでしょうか。

住宅のプロ

グランハウスは、新潟県で人気のハウスメーカーです。

この記事では、グランハウスの坪単価の実態に迫りますが、それだけではありません。グランハウスが提供する家の価値、その特長等についても詳しくご紹介します。

グランハウスを検討するその前に

住宅のプロ

“初めて”住宅を建てる人向けの無料相談サービスを利用しましょう。

これらの無料相談所では、各ハウスメーカーの坪単価情報と共に、お客様一人ひとりのニーズに合わせた最適な提案を行っています。

人気のため予約が取れない時期もありますので、予約のタイミングにはご注意ください。

サービス名 備考

LIFULL HOME’S
総合評価:

(星5/5)

満足度:
99.5%(2022年発表)

特徴:
営業なし・無料特典あり


家づくりのとびら
総合評価:

(星4.5/5)

満足度:
98.2%(2022年発表)

特徴:
21時までOnline相談可


スーモカウンター
総合評価:

(星4.5/5)

満足度:
97.2%(2020年発表)

特徴:
家づくりの無料講座開講


おうちキャンバス
総合評価:

(星4.5/5)

満足度:
95.7%*(2023年発表)

特徴:
一流の営業マンを紹介!


注文住宅の相談窓口
総合評価:

(星4/5)

満足度:
掲載なし

特徴:
提携会社数No.1!


ハウスマリッジ
総合評価:

(星3.5/5)

満足度:
掲載なし

特徴:
営業マン選ぶ!

*公式の発表は10段階評価において、「9.57」の満足度。

グランハウスの坪単価は77.5万円

住宅のプロ

グランハウスの建設実例から算出される坪単価は、「77.5万円」。

この数値は、タウンライフが発表している目安坪単価(70.0~85.0万円)の平均値です。間取りや土地によって増減する可能性はあります。

グランハウスで家を建てる際の総費用シミュレーション

グランハウスの坪単価から算出できる全体費用と、建設費用(総費用の70%)です。

坪数 建設費用 全体費用
25坪 1,900万円 2,800万円
30坪 2,300万円 3,300万円
35坪 2,700万円 3,900万円
40坪 3,100万円 4,500万円
50坪 3,900万円 5,500万円

グランハウスで30坪の住宅を建てるための世帯年収

  • 建設費用のみ:世帯年収604万円
  • 建設費用+土地費用:世帯年収968万円 ※土地代2,000万円と仮定

注文住宅の予算は、土地代、建築費、諸経費(仲介手数料や登記費用など)を合計した金額となります。

住宅のプロ

総額は、年収の約5〜6倍。月々の住宅ローンの返済額は、収入の3割程度が理想的とされています。

ただし、この数値はあくまで目安であり、個々の生活状況やライフプラン、将来の見通し等によって調整が必要です。予算を決める際には、自己資金だけでなく、将来的な家計の動向や、予期せぬ出費に備えた非常手段も考慮に入れると安心です。

大手ハウスメーカーと坪単価を比較

以下に実際の建設事例から算出した大手ハウスメーカーの坪単価一覧をご紹介します。

住宅のプロ

大手ハウスメーカーの坪単価の平均は、「83.5万円」です。

大手ハウスメーカー 備考

積水ハウス
■目安坪単価:
104.7[万円]
■特徴:
重厚感溢れる大屋根の家
■保証期間:
最長60年間

ヘーベルハウス
■目安坪単価:
102.5[万円]
■特徴:
夏涼しく冬暖かい家
■保証期間:
最長60年間

三井ホーム
■目安坪単価:
92.7[万円]
■特徴:
立体的でおしゃれな家
■保証期間:
最長60年間

一条工務店
■目安坪単価:
89.9[万円]
■特徴:
自然の力で快適な家
■保証期間:
最長30年間

ミサワホーム
■目安坪単価:
86.8[万円]
■特徴:
シンプル・イズ・ベストな家
■保証期間:
最長35年間

トヨタホーム
■目安坪単価:
80.2[万円]
■特徴:
こだわりを詰め込んだ家
■保証期間:
一生涯

セキスイハイム
■目安坪単価:
78.1[万円]
■特徴:
耐震性が高い家
■保証期間:
30年間

アキュラホーム
■目安坪単価:
71.4[万円]
■特徴:
ローコストで自由設計な家
■保証期間:
最長35年間

クレバリーホーム
■目安坪単価:
71.0[万円]
■特徴:
おしゃれなタイル外壁な家
■保証期間:
最長30年間

タマホーム
■目安坪単価:
58.1[万円]
■特徴:
ローコストでシンプルな家
■保証期間:
最長60年間

グランハウスは、大手ハウスメーカーと比較すると坪単価が高く、よりこだわった住宅を建てたい方にオススメのハウスメーカーであると言えます。

\家づくりの第一歩を踏み出す/
無料特典アリ!

輸入住宅メーカーの坪単価と比較

住宅のプロ

輸入住宅メーカーの坪単価の平均は、「72.7万円」です。

以下、輸入住宅メーカー一覧です。

大手ハウスメーカー 備考

スウェーデンハウス
■目安坪単価:
118.5万
■特徴:
北欧デザイン×木材の住宅
■保証期間:
50年間

ノアデザインインク
■目安坪単価:
100[万円]
■特徴:
本格的な欧米スタイルの住宅
■保証期間:
10年間

フローレンスガーデン
■目安坪単価:
82.8[万円]
■特徴:
かわいいお庭がある家
■保証:
不明

つるおか工務店
■目安坪単価:
82.5[万円]
■特徴:
熟練の技を持つ大工が建設
■保証期間:
10年間

セルコホーム
■目安坪単価:
70[万円]
■特徴:
カナダ政府公認の住宅
■保証期間:
10年間

メープルホーム
■目安坪単価:
67.6[万円]
■特徴:
the海外の住宅
■保証期間:
10年保証

アーバンホーム
■目安坪単価:
66.2[万円]
■特徴:
専門デザイナーと建てる家
■保証期間:
10年間

スキャンDホーム
■目安坪単価:
56.9[万円]
■特徴:
日本の風土に合わせた住宅
■保証期間:
不明

ロビンスジャパン
■目安坪単価:
56.2[万円]
■特徴:
ローコストでおしゃれな家
■保証期間:
10年間

クラシスホーム
■目安坪単価:
50[万円]
■特徴:
自由設計×ローコストの家
■保証期間:
最長60年間

リバティーホーム
■目安坪単価:
49.2[万円]
■特徴:
地域の気候に最適な家
■保証期間:
20年間

グランハウスは、輸入住宅メーカーと比較すると坪単価が高く、よりこだわった住宅を建てたい方にオススメのハウスメーカーであると言えます。

\家づくりの第一歩を踏み出す/
無料特典アリ!

グランハウスの建設実例3選

オススメ順にご紹介します。

ヨーロッパテイスト|温かみを感じられる内装の住宅

項目 概要
ハウスメーカー グランハウス
建設費用 不明
延べ床面積 不明
所在地 新潟県上越市

明るい外壁や玄関のレンガにより、ヨーロッパ風のテイストとなっています。

玄関は温かみあるデザインで、シューズクローゼット完備。

キッチンの横には和室を完備し、小さいお子さん等を寝かせ流れでも料理が可能です。

キッチンの横に階段を設置することで、料理をしながら家族の動きの把握することができます。

2階もテイストは同じで、統一感あるおしゃれな住宅です。

シンプルでおしゃれ|こだわりを詰め込んだかわいい住宅

項目 概要
ハウスメーカー グランハウス
建設費用 不明
延べ床面積 不明
所在地 新潟県上越市

外観はキューブを組み合わせたようなモダンなデザイン。青のブロックがアクセントとなっておりとてもおしゃれです。

玄関は明るいデザインで、シューズクローゼット完備。

雪かき道具や雪用ブーツなどをしっかりと保管できます。

リビングは、フローリングを採用しとてもナチュラルで明るい空間に。

キッチンにピンクを採用することで、キッチンから見たリビングはとてもかわいい雰囲気になっています。

落ち着いた色の重厚感|吹き抜けからの太陽光で室内が明るい住宅

項目 概要
ハウスメーカー グランハウス
建設費用 不明
延べ床面積 不明
所在地 新潟県上越市

重厚感ある外観に合わせ、室内もとてもクラシックな住宅です。

シューズクローゼット完備の玄関は、ナチュラルな雰囲気になるドアを採用。

キッチンには木目の天井を利用し、カフェのような雰囲気になっています。

またリビングは吹き抜けで、太陽光をしっかりと取り入れ家全体を明るく照らします。

和室も完備し、しっかり床に横になりリラックスすることもできます。

グランハウスの悪い評判・口コミ

住宅のプロ

グランハウスに関する「悪い評判・口コミ」について、インターネット上で目立った否定的な声は見つかりませんでした。このデジタル時代において、オンライン上で悪い口コミがほとんどないというのは、非常に珍しいことです。

一般的に、どんなに優れたサービスを提供していても、いくつかの否定的なフィードバックが存在するものです。しかし、グランハウスに関しては、顧客満足度が高いことが伺え、このハウスメーカーが提供する家造りの品質やサービスが、多くの顧客に受け入れられていることが示唆されます。

グランハウスの良い評判・口コミ

住宅のプロ

営業マン・設計士の方の提案力に関する良い口コミが目立ちました。

初心者の方でも自由設計で理想の間取りを実現できるよう、しっかりとプロのアドバイスがあり、それを実現する技術力も持ち合わせています。

グランハウスの良い口コミ「営業の方がとても信頼できた」

購入者(上越市)

営業の方がさわやかで明るく、誠実に対応して下さり、安心して家づくりを進めることができました。わからないことを尋ねると、いつでもすぐに対応してくださり、ありがたかったです。

グランハウスの良い口コミ「資金面で不安を取り除いてくれた」

購入者(上越市)

最も心配だった資金面。デリケートな部分でありながら親身に相談に乗っていただき、営業の方に感謝しかありません。同じく設計士の方には、すぐに私たちの好みを理解していただき、捨てな提案をたくさんして下さりました。

グランハウスの良い口コミ「どんどん話を進め、決断を実行させてくれた」

購入者(妙高市)

家を本当に立てるか迷い慎重になっていた時に、グランハウスさんはどんどん話を進めてくれました。どのスタッフさんも親身に何事も迅速に丁寧に対応して頂き、だんだん形になっていく過程が楽しくなっていきました。一番心配だった金額も予算内に収めて頂いた時の安心感は大きかったです(笑)引渡のセレモニーも感動しました。

\家づくりの第一歩を踏み出す/
無料特典アリ!

グランハウスで建てるメリット

choose1

グランハウスのメリットは、設計力でコストを抑えながら、顧客に寄り添った家づくりにあります。詳細を以下にご紹介します。

高性能な家を建てられる

グランハウスは、豪雪地帯で重要な「断熱性」について高い性能を持つ住宅を提供しています。これにより、一年中快適な居住環境が保たれます。

また、業界最高峰の「耐震等級3(消防署や小学校の体育館など緊急避難所の耐震レベル)」を実現すべく、世界最高品質の制振装置evoltzを全棟標準で搭載しています。これで屋根にずっしり雪が積もったタイミングで地震が来ても安心です。

家族のコミュニケーションを意識した設計

家族みんなが笑顔で気持ち良く暮らせるように、会話やコミュニケーションが自然と増える住まいの工夫を取り入れることができます。

グランハウスで建てるデメリット

  • 施工エリアが限られる
  • The輸入住宅というような思い切ったデザインにはできない

グランハウスは、新潟県の上越市と妙高市で建設を行っているハウスメーカーです。

また、思い切ったデザインの住宅というよりも、生活とのバランスを考えた住宅の建設事例が多く、思い切って海外のスタイルの住宅を建てよう!という方には不向きである可能性があります。

グランハウスの商品ラインナップ

  • 自由設計

グランハウスでは一軒一軒、全て手作り。お客様によっては当然似たり寄ったりのデザインになることもありますが、すべてはお客さんの希望から家づくりを始めます。

グランハウスの特徴

住宅のプロ

ハイクオリティの住宅を、コストを抑えて販売しているハウスメーカーです。

坪単価70万円台なので、住宅費用として2,000万円以上は必要です。その分素材や間取りの設計にこだわった住宅を建てたい!という方にオススメのハウスメーカーです。

\家づくりの第一歩を踏み出す/
無料特典アリ!

グランハウスの会社詳細

グランハウスは、新潟県に拠点を置いた確かな技術力を誇る地域密着のハウスメーカーです。

項目 内容
会社名 ヤマダコーポレーション
住所  〒944-0005 新潟県妙高市中川5-5
施工エリア 新潟県(上越市・妙高市※新潟市でも建設実績あり)
創業年  2001年
事業内容 ・新築注文住宅/総合建設業
・設計施工 等
受賞歴 公開情報なし

住宅展示場

2か所に展示場(ショールルーム)があります。※2024年4月時点

都道府県 市町村
新潟県 ・上越市藤野新田1232
・妙高市中川5-5

グランハウスのキャンペーン実績

  • 見学会の実施
  • 100万円の割引
  • エアコンなど家電のプレゼント

基本的には、実際に家を建てた人の家を見学するキャンペーンを行っています。しかし、その他にもタイミングによっては、建設費用を割引してくれるキャンペーンや、家電プレゼントキャンペーン等を実施しています。

グランハウスに関するよくある質問

グランハウスが公式に発表しているよくある質問・回答をまとめました。

まだ建てる土地が見つかっていないのですが、相談できますか?

可能です。

上越・妙高市内全域くまなく物件情報を取り揃えております。
ネットには掲載されていない特選情報もございます

建築スケジュールはどうなっていますか?

概ね全体で最短6か月~かかって参ります。

お家づくりの「資金」「土地」「間取りプラン」を計画する段階で約2か月、住宅の工事が始まってから完成お引渡しまで約4か月ほどです。

土地の状態や、住宅の規模によって大きく時間がかかる場合があります。

間取りは決まったものから選ぶのでしょうか?自由に設計できるのでしょうか?

グランハウスは完全自由設計の家を建てております。

ご家族様のご希望の間取り、生活動線、かなえたいライフスタイルなどを考え、ご相談しながら、世界に一つしかないマイホームプランを作成いたします。

土地が狭いのですが、狭小住宅も対応可能でしょうか?

可能です。

小地でもリビングの広さや部屋数、採光を確保できるようなスキップフロアのお家などもおすすめしております。

失敗しないハウスメーカー選び「8つのポイント」

8つのポイントを注意深く考えることで、失敗を避けることが可能になります。

①初期見積もりの段階で予算内に収まるか

見積もりが予算を大幅に超えるメーカーは適切な選択肢とは言えません。

逆に、非常に安価な見積もりを出すメーカーも品質に問題がある可能性があります。

予算と同じくらいの見積もりを出してもらえたハウスメーカーを選ぶことがオススメです。

②あなたが望む工法・構造が得意か

  • 伝統的な「木造軸組工法」
  • 海外で主流の「2×4工法」
  • 近年増加中の「鉄筋コンクリート工法」

そのメーカーが採用している工法が自分の希望する住宅とマッチしているか確認しましょう。

③耐震性など住宅性能は求めるレベルに達しているか

  • 断熱性
  • 耐震性
  • 耐久性

家の性能は住まいの快適さや安全性に直結します。

自分の優先順位に応じて、メーカーの提供する性能を比較検討しましょう。

④家の外観や内装の雰囲気が好きか

メーカーが提供する外観や内装が自分の好みや価値観に合致しているかを確認することも大切です。

⑤素材をあやふやにしていないか

素材の品質は住宅の耐久性や保温性能、そして見た目に影響します。

こだわりの素材を用いているメーカーを選ぶことで、より自分らしい住まいを手に入れることができます。

⑥営業マンと問題なくコミュニケーション取れるか

営業マンはメーカーと顧客とのパイプ役となり、信頼関係の構築に重要な役割を果たします。

明確な説明、迅速な対応、真心のこもったサービスなど、営業マンの態度や質をしっかりと確認しましょう。

⑦保証・アフターサポートを明確に示されているか

長期的な保証や充実したアフターサポートは、安心して住宅を維持するために必要です。

保証の期間や内容、アフターサポートの体制など、メーカーの対応を比較して選びましょう。

⑧施工事例をしっかりと公開しているか

メーカーの施工事例を確認することで、そのメーカーの実力やセンスを把握することができます。

完成した住宅の写真や、建築途中の様子などを通じて、メーカーの品質を判断しましょう。

坪単価の基礎知識

坪単価の基礎を抑えて、正確に情報を収集することが成功への近道です。

坪単価とは

1坪(約1.8m×1.8m)にかかる費用のことです

例えば、10坪で250万円かかる住宅の坪単価を坪単価25万円といいます。

地域ごとの坪単価の相場・平均価格

2021年度 フラット35利用者調査からわかる地域ごとの坪単価をご紹介します。

坪単価[万円/坪]
首都圏(東京、埼玉、千葉、神奈川、茨城、栃木、群馬、山梨) 103.9
近畿圏(三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県) 98.0
東海圏(静岡、愛知、三重、岐阜) 97.5
全国 95.2
その他 90.4

地域ごとに、注文住宅の坪単価はあまり変わらないように見えます。

しかし、35坪の住宅建てる場合、

建設費用
首都圏 3,636万円
東海圏 3,412万円

首都圏と東海圏ではと200万円以上の差が生まれますので、住宅を建てる地域も予算を抑えるうえでは重要と言えます。

坪単価の注意点・考え方

以下3点に十分注意し、坪単価の比較を行いましょう。

  1. 坪単価は定義があいまいで、企業ごとに坪単価の定義が異なる
  2. 原則小さい家ほど坪単価が高くなる
  3. メーカーによっては、手数料が見積もりに含まれない

注文住宅の坪単価を抑えるコツ

理想を追求しすぎると、どうしても予算オーバーになりがちです。

しかし、一生に一度の買い物で妥協しないため、初期費用を落とすコツがあります。

1階と2階の床面積を同じにする

正方形に近い形であれば外壁の面積が少なくなりコストが低くなります。

外観の面積を減らすことで、建材費を抑えることができます。

後から変えられるものは安くする

比較的短期間で交換が必要な箇所の費用を落とすことをおすすめします。

例えば、壁紙の張替え時期は一般的に5年~10年と言われ、比較的短い期間で張替えのタイミングとなります。

該当箇所 一般的な変更期間
壁紙 5年~
洗面 15年~
キッチン 15年~
浴室 15年~

小さいお子さんがいる場合は、特に壁紙・洗面台にはお金をかけすぎないことをおすすめします。

オプション追加は、本当に必要な設備だけ

オプションを追加する場合は、本当に必要な設備だけに絞ることで無駄な出費を抑えましょう。

例えば、「浴室乾燥機能」。

洗濯物を干したり、入浴前にお風呂場で暖房を今までかけたことない場合、必要ない可能性が高いと言えます。

屋根は片流れで初期費用を抑える

片流れ屋根は構造がシンプルであるため、他の屋根形状に比べてコストを抑えることが可能です。

窓の数や大きさを見直す

適切な位置に適切な大きさの窓を配置することで、坪単価を抑えつつ、エネルギー効率の良い家を建てることができます。

窓は建築費用だけでなく、月々の光熱費にも影響を及ぼします。

注文住宅の建設費の内訳

資金

注文住宅の費用は、下記3つの合計で算出されます。

  • 建物工事費
  • 付帯工事費
  • その他諸費

2,000万円の住宅を基に費用の内訳を確認していきます。

建物工事費とは

基礎や屋根などの家全体の「箱」を作る工事費用のことです。全体の費用の約7~8割(1,400~1600万円)を占めます。

付帯工事費とは

公共インフラとの接続車・敷地内の土台インフラを整える費用のことです。他には、敷地内に電気や給排水の配線・配管を引き込む工事や、駐車場のアスファルト舗装の工事などに利用され、全体の費用の約1~2割(200~400万円)を占めます。

その他諸経費とは

住宅ローンの手数料や、火災・地震保険、建物を登記等に利用する費用のことです。全体の費用の約0.5~1割(100~200万円)を占めます。

グランハウス坪単価まとめ

グランハウスは、新潟県で高い機能性を実現しているハウスメーカーです。同地域で住宅建設を考えている方はぜひ一度検討してみてはいかがでしょうか?

住宅のプロ

実際の住宅のデザインや機能性、そして坪単価とのバランスをもっと深く知りたい方は、カタログを手にとることを強くおすすめします。

カタログには、実際の写真や詳細なスペックが掲載されており、グランハウスの魅力をより具体的に感じることができます。

理想の住まいを実現するための大切な一歩。ぜひ、グランハウスのカタログを一括請求し、あなたの夢の住まいを具体的にイメージしてみてください。

\家づくりの第一歩を踏み出す/
無料特典アリ!