失敗・妥協しない輸入住宅を建てるための情報を徹底解説

センチュリーホームの坪単価は28.8万円!建設実例・口コミ・評判を隠さずご紹介

ハウスメーカー

【PR】当記事は無料で有益な情報をご覧いただけるよう、広告を掲載しています。

センチュリーホームを検討しているあなたへ。家づくりは、夢と現実が交差する重要なプロジェクトです。

住宅のプロ

家づくりのプロジェクトのスタートラインに立つにあたって、坪単価は重要な情報の一つです。。

ここでは、センチュリーホームの坪単価に関するまとめ、家を建てる際の費用計算のアプローチ、そしてセンチュリーホームの建設実例や評判、商品ラインナップに至るまで、幅広く情報を提供します。これらの情報が、あなたの理想の家づくりに役立つことを願っています。

センチュリーホームを検討するその前に

「家を建てる」ーそれは人生の一大プロジェクト。

住宅のプロ

その成功の鍵は「ハウスメーカー選び」にあります。

家族が笑顔と共に生活し、自信と共に来客を向かい入れるようになるかどうかはすべて、選んだハウスメーカーによって決まります。

ですが、選択肢が多すぎて、失敗してしまう選択肢を選んでしまうことも。。。

  • A社でなくB社ならもっと月々の生活に余裕ができた
  • オシャレにしすぎた間取りで生活しにくい

こんな思いしたくありませんよね。

そんな時は、あなたの家づくり計画をプロの目で確認してもらうことが大切です。

住宅のプロ

ここでオススメなのが、注文住宅の無料相談サービスです。

完全無料であなたの理想から、あなたに本当に合ったハウスメーカーを選んでくれるサービスもあります。

住宅のプロ

たった1回の相談で、資金計画~ハウスメーカー選びに関わる疑問をスッキリ解決してくれます!

プロの目線でのアドバイスを基に、失敗せず理想の住宅を手に入れるために、是非活用しましょう!

\家づくりの第一歩を踏み出す/
無料特典アリ!

センチュリーホームの坪単価は28.8万円

住宅のプロ

センチュリーホームの坪単価は「28.8万円」です。

センチュリーホームが公式に発表している建設費用や坪数の情報はありませんが、「1,380万」で「48坪」の住宅を建てたという口コミが1件ありました。この事例から坪単価を算出しています。

センチュリーホームで家を建てる際の総費用シミュレーション

センチュリーホームの坪単価から算出できる全体費用と、建設費用(総費用の70%)です。

坪数 建設費用 全体費用
25坪 720万円 1,000万円
30坪 900万円 1,200万円
35坪 1,000万円 1,400万円
40坪 1,200万円 1,600万円
50坪 1,400万円 2,000万円

センチュリーホームで30坪の住宅を建てるための世帯年収

  • 建設費用のみ:世帯年収224万円
  • 建設費用+土地費用:世帯年収588万円 ※土地代2,000万円と仮定

注文住宅の予算は、土地代、建築費、諸経費(仲介手数料や登記費用など)を合計した金額となります。

住宅のプロ

総額は、年収の約5〜6倍。月々の住宅ローンの返済額は、収入の3割程度が理想的とされています。

ただし、この数値はあくまで目安であり、個々の生活状況やライフプラン、将来の見通し等によって調整が必要です。予算を決める際には、自己資金だけでなく、将来的な家計の動向や、予期せぬ出費に備えた非常手段も考慮に入れると安心です。

\家づくりの第一歩を踏み出す/
無料特典アリ!

センチュリーホームの建設実例3選

「リビング」「キッチン」「吹き抜け」に特徴のあるオススメの建設事例を3つにご紹介します。

開放的なリビング|お庭と外観の調和がとれたモダンな住宅

項目 概要
ハウスメーカー センチュリーホーム
建設費用 不明
延べ床面積 不明
所在地 不明

2パターンの外壁を駆使し、メリハリのついた外観の住宅です。玄関前のカーブを描いたオシャレなステップデザインや芝生のバランスがとてもオシャレです。

またこの住宅で最も特徴的な、リビングは吹き抜けで解放感があり、太陽光がしっかりと入ってくる向きに窓も設置しています。

落ち着き可愛いデザイン|明るいキッチンのある平屋

項目 概要
ハウスメーカー センチュリーホーム
建設費用 不明
延べ床面積 不明
所在地 不明

グレーの外観に玄関扉が映える可愛い見た目の住宅です。

アイランドキッチンを部屋の真ん中に設置しており、料理を家族全員で楽しむことが可能です。

キッチンの目の前には、太陽光をたっぷり取り込める窓を設置し、外を眺めながら開放的な空間で料理をすることができます。

モダンデザイン|梁がある吹き抜けな開放的な住宅

項目 概要
ハウスメーカー センチュリーホーム
建設費用 不明
延べ床面積 不明
所在地 不明

上下で外観の色を分けることにより、より高さがあるように見せるデザインを採用した住宅です。

また、リビングの吹き抜けにはブラックで落ち着きのある梁を設置し、解放感を演出することができます。

センチュリーホームの悪い評判・口コミ

住宅のプロ

安かろう悪かろうといった趣旨の口コミが目立ちました。

他のハウスメーカーと比較しやすく建設してくれる一方、クオリティに関する口コミはあまり良いとは言えませんでした。

センチュリーホームの悪い口コミ「家は安普請で良いとは言えない。」

購入者A

家は安普請で良いとは言えない。家は一生で一番高い買い物、良く考えれば当ハウスメーカーは避けたい会社の一番手です。建築をお願いした私がそう思っております。残念な事をしました。

センチュリーホームの悪い口コミ「手抜き工事が見つかった。」

購入者B

水回り工事で悪質な手抜き工事をやられてしまいました。独自に設計図と現状を突き合わせたら全く違う状態でした。

センチュリーホームの悪い口コミ「地域の営業所がなくなりメンテナンスを行ってもらえなくなった。」

購入者C

センチュリーで建てて住んでます。私の地域から撤退し事務所もいまはないです。メンテナンスは地元の業者いろいろいるし検討中。(あまり困ってはいないのですが。。。)

センチュリーホームの良い評判・口コミ

住宅のプロ

XX

良い材料を使いや熟考の末、設計をしたとしても実際に住みにくかったら意味がありません。しっかりと、費用対効果が住みやすさにつながっているようです。

センチュリーホームの良い口コミ「メンテナンスはないが安く良い家が建つ!」

購入者A

ちゃんと建ちます。良い家が非常に安く建ったと満足しています。人件費を徹底削減しており営業マンも少ないのでアフターサービスで来訪などはありません。

センチュリーホームの良い口コミ「お手洗いやキッチンなどの設備が良い。」

購入者B

お手洗いやキッチンなどの設備が良い。TOTO,YKKなどすべて一流メーカーです。

センチュリーホームの良い口コミ「親身に相談に乗ってくれた」

購入者C

2世帯住宅の計画だったため、家族全員の希望をまとめるのは大変でしたが、設計担当の方にたくさんのアドバイスを頂き、間取りから外観デザインまで満足いく家を建てて頂きました。

\家づくりの第一歩を踏み出す/
無料特典アリ!

センチュリーホームで建てるメリット

choose1

センチュリーホームで家を建てることのメリットは、

  • コストパフォーマンスの高い家づくり
  • 優れた技術力
  • 倒産の不安のない安定した経営

などが挙げられます。また、センチュリーホームは、広告に表示されている価格に加えて、敷地の条件に応じた追加費用についても透明に提供しており、顧客に詳細な見積もりを提示しています​​。

センチュリーホームで建てるデメリット

口コミなどの情報から大きく3つのデメリットがあることを確認できました。

追加料金がかかることがある

実際に家を建てていく過程で、雨戸やエアコン用コンセントなど、追加のオプション料金が発生することがあります。これらのオプション料金は、最終的な総費用を当初の見積もりよりも高くする可能性があります

アフターフォローの問題

アフターフォローは、顧客からの連絡がないと実施されないことがあるとの口コミがありました。また、担当者の変更が多く、点検やアフターサポートの面での連携がうまくいかないと言っている施工主もいます。

営業と施工の切り離し

センチュリーホームでの営業プロセスと施工管理は分離されており、契約後は施工監督に一任される場合があります。

これにより顧客が営業担当者との間で築いた信頼関係が、施工段階で継続しないことがあるので、しっかりと最後まで担当してもらえるのかどうかを事前に確認すると良いでしょう。

センチュリーホームの商品ラインナップ

  • 完全自由設計「Gネット」

センチュリーホームは、完全自由設計の商品プラン1つのみです。ただ、センチュリーホームの自由設計は初心者にもやさしく、失敗しない型の準備があります。

37坪の間取りプラン①

 

4LDKの一軒家です。玄関は広く、リビングの隣に和室も完備しています。二階は主にプライベート空間で1階と2階でメリハリのついた間取りになっています。

37坪の間取りプラン②

同じく4LDKですが、個室が4部屋あります。5人家族もしくは1室を趣味部屋として利用できる贅沢なプランです。また2階のプライベート空間をより広くするためお手洗いは1階のみです。

センチュリーホームの特徴

住宅のプロ

初心者に優しい家づくりを行っているハウスメーカーです。

センチュリーホームは、自由設計の住宅を初めて建てる方でも失敗しないよう

  • 自由設計の方となる間取りを提供
  • 見積もりは何が追加費用で、何が標準化を記載

等を実施しています。

\家づくりの第一歩を踏み出す/
無料特典アリ!

センチュリーホームの会社詳細

センチュリーホームは、首都圏でこだわりをとことん反映させた自由設計で住宅を建設できるハウスメーカーです。

項目 内容
会社名 センチュリーホーム
住所 〒311-4143 茨城県水戸市大塚町1993-3
施工エリア 東京都・神奈川県
創業年 1983年
事業内容 ・木造注文住宅一戸建の設計・施工・販売
・木造住宅リフォーム施工
受賞歴 ・該当情報なし※2023年12月時点

センチュリーホームのキャンペーン実績

ゴールデンウイークに以下のようなキャンペーンを開催していたことがありました。

  • キッチン最高使用を80万円販売!
  • 太陽光を120万円で設置!
  • 耐震性を43.5万円でアップ!

等、住宅そのものの割引のキャンペーンは実施していませんが、設備がお得に設置できるキャンペーンを不定期に開催しています。

センチュリーホームに関するよくある質問

8つの質問と回答をご紹介します。

Q1 家本体以外の諸経費はどれぐらいかかりますか?

A お客様の土地の状況によっても異なり、ローン利用の有無等も関係してきますので一概には言えませんが、家本体が70%、その他が30%の費用になると言われています。

Q2 自分が居住している同一敷地内にもう一軒建築できますか?

A条件次第にはなりますが、建築要件を満たすよう設計をすることが可能です。

Q3 こんなに安くて建物の構造は大丈夫ですか?

A 大丈夫です。第三者機関の検査が4回あります。

Q4 建設途中で会社が倒産したらどうなりますか?

A そもそも、創業以来借金がない会社なので倒産の心配はありません。

Q5 住宅ローン審査が不安です。

A 住宅ローンのプロがサポートさせて頂きます。さらに、当社特別金利優遇のご案内もできますので、すべて任せることが可能です。

Q6 土地を同時購入する予定ですが、可能ですか?

A 可能です。土地と建物を同時購入した方が諸経費が安いのでお得です。

Q7 税金、相続、贈与などについて相談できますか?

A もちろんです。家は節税対象です。

Q8 自己資金がどれくらいあれば建てられますか?

A 一般的な住宅の情報誌では、2割等と色々なパーセンテージで言われていますが、自己資金も含めてご相談可能です。

失敗しないハウスメーカー選び「8つのポイント」

8つのポイントを注意深く考えることで、失敗を避けることが可能になります。

①初期見積もりの段階で予算内に収まるか

見積もりが予算を大幅に超えるメーカーは適切な選択肢とは言えません。

逆に、非常に安価な見積もりを出すメーカーも品質に問題がある可能性があります。

予算と同じくらいの見積もりを出してもらえたハウスメーカーを選ぶことがオススメです。

②あなたが望む工法・構造が得意か

  • 伝統的な「木造軸組工法」
  • 海外で主流の「2×4工法」
  • 近年増加中の「鉄筋コンクリート工法」

そのメーカーが採用している工法が自分の希望する住宅とマッチしているか確認しましょう。

③耐震性など住宅性能は求めるレベルに達しているか

  • 断熱性
  • 耐震性
  • 耐久性

家の性能は住まいの快適さや安全性に直結します。

自分の優先順位に応じて、メーカーの提供する性能を比較検討しましょう。

④家の外観や内装の雰囲気が好きか

メーカーが提供する外観や内装が自分の好みや価値観に合致しているかを確認することも大切です。

⑤素材をあやふやにしていないか

素材の品質は住宅の耐久性や保温性能、そして見た目に影響します。

こだわりの素材を用いているメーカーを選ぶことで、より自分らしい住まいを手に入れることができます。

⑥営業マンと問題なくコミュニケーション取れるか

営業マンはメーカーと顧客とのパイプ役となり、信頼関係の構築に重要な役割を果たします。

明確な説明、迅速な対応、真心のこもったサービスなど、営業マンの態度や質をしっかりと確認しましょう。

⑦保証・アフターサポートを明確に示されているか

長期的な保証や充実したアフターサポートは、安心して住宅を維持するために必要です。

保証の期間や内容、アフターサポートの体制など、メーカーの対応を比較して選びましょう。

⑧施工事例をしっかりと公開しているか

メーカーの施工事例を確認することで、そのメーカーの実力やセンスを把握することができます。

完成した住宅の写真や、建築途中の様子などを通じて、メーカーの品質を判断しましょう。

坪単価の基礎知識

坪単価の基礎を抑えて、正確に情報を収集することが成功への近道です。

坪単価とは

1坪(約1.8m×1.8m)にかかる費用のことです

例えば、10坪で250万円かかる住宅の坪単価を坪単価25万円といいます。

地域ごとの坪単価の相場・平均価格

2021年度 フラット35利用者調査からわかる地域ごとの坪単価をご紹介します。

坪単価[万円/坪]
首都圏(東京、埼玉、千葉、神奈川、茨城、栃木、群馬、山梨) 103.9
近畿圏(三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県) 98.0
東海圏(静岡、愛知、三重、岐阜) 97.5
全国 95.2
その他 90.4

地域ごとに、注文住宅の坪単価はあまり変わらないように見えます。

しかし、35坪の住宅建てる場合、

建設費用
首都圏 3,636万円
東海圏 3,412万円

首都圏と東海圏ではと200万円以上の差が生まれますので、住宅を建てる地域も予算を抑えるうえでは重要と言えます。

坪単価の注意点・考え方

以下3点に十分注意し、坪単価の比較を行いましょう。

  1. 坪単価は定義があいまいで、企業ごとに坪単価の定義が異なる
  2. 原則小さい家ほど坪単価が高くなる
  3. メーカーによっては、手数料が見積もりに含まれない

注文住宅の坪単価を抑えるコツ

理想を追求しすぎると、どうしても予算オーバーになりがちです。

しかし、一生に一度の買い物で妥協しないため、初期費用を落とすコツがあります。

1階と2階の床面積を同じにする

正方形に近い形であれば外壁の面積が少なくなりコストが低くなります。

外観の面積を減らすことで、建材費を抑えることができます。

後から変えられるものは安くする

比較的短期間で交換が必要な箇所の費用を落とすことをおすすめします。

例えば、壁紙の張替え時期は一般的に5年~10年と言われ、比較的短い期間で張替えのタイミングとなります。

該当箇所 一般的な変更期間
壁紙 5年~
洗面 15年~
キッチン 15年~
浴室 15年~

小さいお子さんがいる場合は、特に壁紙・洗面台にはお金をかけすぎないことをおすすめします。

オプション追加は、本当に必要な設備だけ

オプションを追加する場合は、本当に必要な設備だけに絞ることで無駄な出費を抑えましょう。

例えば、「浴室乾燥機能」。

洗濯物を干したり、入浴前にお風呂場で暖房を今までかけたことない場合、必要ない可能性が高いと言えます。

屋根は片流れで初期費用を抑える

片流れ屋根は構造がシンプルであるため、他の屋根形状に比べてコストを抑えることが可能です。

窓の数や大きさを見直す

適切な位置に適切な大きさの窓を配置することで、坪単価を抑えつつ、エネルギー効率の良い家を建てることができます。

窓は建築費用だけでなく、月々の光熱費にも影響を及ぼします。

注文住宅の建設費の内訳

資金

注文住宅の費用は、下記3つの合計で算出されます。

  • 建物工事費
  • 付帯工事費
  • その他諸費

2,000万円の住宅を基に費用の内訳を確認していきます。

建物工事費とは

基礎や屋根などの家全体の「箱」を作る工事費用のことです。全体の費用の約7~8割(1,400~1600万円)を占めます。

付帯工事費とは

公共インフラとの接続車・敷地内の土台インフラを整える費用のことです。他には、敷地内に電気や給排水の配線・配管を引き込む工事や、駐車場のアスファルト舗装の工事などに利用され、全体の費用の約1~2割(200~400万円)を占めます。

その他諸経費とは

住宅ローンの手数料や、火災・地震保険、建物を登記等に利用する費用のことです。全体の費用の約0.5~1割(100~200万円)を占めます。

センチュリーホーム坪単価まとめ

新しい家を建てる際には、多くの選択肢がありますが、センチュリーホームはその中でも特に注目に値する選択肢です。センチュリーホームは、高品質ながら手頃な価格で理想の家を建てることができるハウスメーカーとして知られています。

住宅のプロ

実際の住宅のデザインや機能性、そして坪単価とのバランスをもっと深く知りたい方は、カタログを手にとることを強くおすすめします。

カタログには、実際の写真や詳細なスペックが掲載されており、ヤワタホームの魅力をより具体的に感じることができます。

理想の住まいを実現するための大切な一歩。ぜひ、ヤワタホームのカタログを一括請求し、あなたの夢の住まいを具体的にイメージしてみてください。

\家づくりの第一歩を踏み出す/
無料特典アリ!